正しい新築マンションの選び方

新築マンションを買うときの注意点とやることまとめ

災害リスクに強い物件選び!具体的にチェックしよう

見た目が綺麗だったり立地条件が良かったりしても、災害リスクが高い新築マンションでは安心して暮らせません。 これからの居住地を決める上で、災害リスクは最も重要な部分だと言えます。 きちんと対策をしており、災害リスクが低い新築マンションを選んでください。

暮らしていく上での環境に注目しよう

周辺環境や、住民に問題がないことも確認しましょう。 環境が悪い新築マンションは暮らしにくいですし、トラブルが起こりやすいです。 事前に住民に関する情報も、調べておきましょう。 どのような人が契約したのか不動産屋に聞くと、住民のことを教えてもらえます。

資金の確認と不動産屋探し

新築マンションの購入には、かなりの費用が発生します。 本体価格だけでは済まないので、まずはどのような出費が発生するのか調べましょう。 効率良く新築マンションを見つけるためには、不動産屋の協力が欠かせません。 相性が良い不動産屋も探しておきましょう。

災害のリスクを把握しよう

まずは、新築マンションの災害リスクを調べてください。
どんなに他の条件が良くても、災害リスクが高い新築マンションは危険なので選んではいけません。
これから先、どのタイミングで災害が起こるかわかりません。
まだ大きな災害は起こらないだろうと油断せずに決めましょう。
災害リスクの中でも特に注意しなければいけないのは、地震と洪水や津波です。
これらの情報に関してはハザードマップを見ればわかるので、気になる新築マンションがあれば目を通しておきましょう。

次に、新築マンションの環境やそこに住んでいる住民に問題がないのかチェックしましょう。
駐車場やエントランス、ゴミ捨て場がきちんと整備されているなら安心して暮らしていけます。
過去に近所トラブルを起こしている住民が近くに住んでいる場合は、自分もトラブルに巻き込まれる可能性が高いので避けてください。
近くに学校やスーパー、駅などの施設があれば生活が楽になります。

新築マンションを買うことが決まったら、資金集めを行ってください。
新築マンションの本体価格の他に、不動産屋に支払う仲介手数料や固定資産税など、さまざまな部分で費用が発生します。
そして、新築マンションの情報に詳しい不動産屋も探しておきましょう。
不動産屋の力を借りれば、条件に一致する新築マンションをすぐに見つけられると思います。
相談する際は立地や部屋の仕様などを踏まえたうえで、新築マンションの条件をわかりやすく提示することがポイントです。