正しい新築マンションの選び方

>

資金の確認と不動産屋探し

購入する際に発生する費用

新築マンションの本体価格の他に、申込証拠金を用意してください。
申込証拠金は不動産屋に支払うもので、2万円から10万円ほどです。
費用として手付金や印紙税も必要ですし、良い新築マンションが見つかり契約が成立したら、不動産屋に仲介手数料を支払うのが決まりです。

中には仲介手数料が発生しない不動産屋も存在しますが、あまり力になってくれません。
仲介手数料が発生する場合、不動産屋も稼ぐために、きちんとこちらの希望に合う新築マンションを紹介してくれます。
他にも固定資産税や都市計画税といった税金、登記費用やローン借入費用を用意し、新築マンションに修繕積立金を支払います。
修繕積立金は20万円から40万円ほどと、マンションごとに金額が変化します。

情報を持っている不動産屋を探そう

ネット上には、新築マンションの情報を掲載しているサイトがあります。
サイトの情報だけを頼りにして、希望通りの新築マンションを見つけるのは非常に難しいので、最初から不動産屋の力を借りてください。
ポイントは、新築マンションの情報をたくさん持っていることです。
情報があれば選択肢が増え、条件をたくさん提示してもピッタリの新築マンションを紹介してくれると思います。

良い不動産屋を見極めるコツは長年経営していることと、多くの人が利用していることです。
また経営して日が浅い不動産屋は、情報量が少ないので気を付けてください。
口コミで意見を聞いて、情報を豊富に持っており、丁寧に対応してくれたと言っている人が多い不動産屋なら信頼性が高いでしょう。


この記事をシェアする